ロシア・ウラジオストクの観光スポット

f:id:koki9265:20190416055748p:image

こんにちはHeyTaxiです。

 

 

 

ロシアの観光都市といえばサンクトペテルブルクやモスクワなど日本から遠く離れたヨーロッパに近い西側に位置する都市を思い浮かべますが、今回は日本から飛行機で2時間足らずで行けるロシア東端の都市、ウラジオストクの観光スポットを紹介していきます。

 

※写真は全て自分で撮影しました。

 

①鷲ノ巣展望台

f:id:koki9265:20190626022229j:image

ウラジオストクというとこの景色を思い浮かべる人が多いと思います。ゾロトイ橋(黄金橋)を中心に金角湾やルースキー島を見渡すことができる展望台です。また、鷲ノ巣展望台の近くにはこのような景色を見ることができるスポットがいくつかあるのでこの展望台の周りを散歩するのもオススメです。

 

ウラジオストク中心部のウラジオストク駅から徒歩でも20分程度で行けるところに位置していています。

 

 


②軍隊銅像
f:id:koki9265:20190625225937j:image

最強の海軍を誇るロシアのウラジオストクにはいくつかの軍隊施設が存在します。その中でも海に面した広場に鋭く立っている銅像はロシアの海軍の強さを想起させます。

 

こちらはウラジオストク駅のすぐ北側に位置して、ウラジオストクに来たら是非訪れてほしいスポットです。

 

 


f:id:koki9265:20190626022334j:image

そのすぐ東側には艦隊がいくつか沖に浮いていて正午になると一斉に砲弾を海に向かって打ち出します。

時間が合えば是非正午に訪れてみて下さい。

 

さらにその東にはC-56潜水艦博物館ヴォロシーロフスカヤ・バタレヤ博物館など海軍関連の博物館が複数あります。最強の海軍を誇るロシアならではの施設で、海軍に興味がなくても楽しめるスポットです。

 

 

③トカレヴスキー灯台
f:id:koki9265:20190626022114j:image

ウラジオストクの南端にはトカレヴスキー灯台と呼ばれる灯台があります。広大な海の中にある灯台はとても風情があり、その奥にはルースキー島やルースキー橋が見えます。運が良ければ灯台まで歩いて行けます。

 

少しウラジオストク駅からは離れていてタクシーで15分ほどかかりますが景色は最高です。

 

f:id:koki9265:20190626021748j:image

こんなに細い道を車は進んでいきます。

 

 

 

④プリモルスキー水族館

f:id:koki9265:20190626022111j:image
奇妙な形の水族館。安倍総理もサミットでロシアに来た時に訪れています。とても大規模な水族館で日本では見ることができない海の生き物を見ることができます。2時間あっても足りないくらい館内は広くて、貴重な時間を過ごすことができます。

バスで1時間ほどかかりますが訪れる価値のあるスポットです。

 

 

⑤アドミラーラ・フォーキナー通り

f:id:koki9265:20190626021959j:image

噴水通りと呼ばれる通りでその両端にはさまざまな種類のお店が並んでいます。この通りはヨーロッパの感じの町並みで昼過ぎから噴水が動き出します。またアドミラーラ・フォーキナー通りの先にはスポーツ湾があり綺麗な海を一望できます。

f:id:koki9265:20190626022044j:image

 

 

 

 

 

 

以上、

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

f:id:koki9265:20190416094309j:image